(株)DR・エステート > ドッとあーる井尻店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の畳交換にかかるコストの相場と負担の帰属

賃貸物件の畳交換にかかるコストの相場と負担の帰属

≪ 前へ|賃貸物件に入居と同時に必要なカーテンの上手な選び方を解説!   記事一覧   賃貸物件でも簡単にできる?洗面台DIYのススメ|次へ ≫

賃貸物件の畳交換にかかるコストの相場と負担の帰属

賃貸物件の畳交換にかかるコストの相場と負担の帰属

給湯設備の故障・照明・トイレの不具合など、賃貸アパートやマンションでは交換・修理のコストをオーナーと入居者のどちらが負担するかでもめごとになりがちです。
洋室の物件が増え、畳がある部屋は相対的に少なくなってきています。
しかし、畳の交換・張り替えにはいまだに負担に関するトラブルは多く、オーナー・入居者いずれにしてもコスト相場含めて気になるところです。
この記事では、畳の交換により起こるコスト負担の帰属をもろもろのケース別に検証すると同時に、負担コストの相場もあわせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸で畳を交換する場合、コストを負担するのは誰か

賃貸に住み始めるときに畳の傷みが激しくて交換するケースでの負担

賃貸に住み始めるときに畳の傷みが激しいケースでは、入居者が交換を要求すれば、一般的にはオーナーまたは管理会社の負担で畳を交換してくれます。

賃貸で暮らすうちに経年劣化で畳を交換するケースの負担

賃貸で暮らすうちに経年劣化で畳を交換するケースでは、日常生活による消耗であることと勘案すると、契約書にオーナー負担と明記されていない限り借主が負担するものです。

賃貸から出ていくときに畳を交換するケースの負担

賃貸物件から退去する際に畳を交換するケースでは、契約書に「入居者負担」と意味すること明記されているとき以外は、一般的にはオーナーまたは管理会社が負担します。
ただし、タバコの火の不始末で畳を焦がしたなど、入居者の過失により畳の交換が発生したケースでは、交換に伴い発生するコストは入居者が負担します。

賃貸で入居者が畳の交換コストを負担するケースの交換方法とコスト相場

賃貸で入居者が畳の交換コストを負担するケースの交換方法

賃貸物件で入居者が畳の交換コストの負担を求められるケースでは、畳全部の交換で通常は1万円以上が相場でかかりますが、部位ごとの交換になると交換コストは下がります。

畳の構造と交換方法の関係

畳は畳の芯となっている畳床・イグサでできた畳の表面となっている畳表、畳の周縁を補強する部位である畳縁(たたみべり)から構成されており、状態によって交換する部位が変わってきます。

賃貸で畳の交換コストを裏返しで相場より安くおさめる

たとえば日光により畳表の表面が焼けてしまっただけなら、畳表を裏返せば十分使うことが可能です。
畳表の裏返しを業者に頼む場合、相場は3000円前後です。

賃貸で畳の交換コストを表替えで相場より安くおさめる

日常の経年劣化で畳表が擦り切れてしまった、お菓子やジュースで汚れてしまったケースなどは畳表の交換となり、相場は5000円前後です。

賃貸で入居者が畳の交換コストを負担するケースの交換方法とコスト相場

まとめ

賃貸で畳の交換・張替が発生したら、交換コストをどちらが負担するものか確認したうえで、コスト相場に基づいて見積額の適正さを見極めましょう。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件に入居と同時に必要なカーテンの上手な選び方を解説!   記事一覧   賃貸物件でも簡単にできる?洗面台DIYのススメ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る