(株)DR・エステート > ドッとあーる井尻店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件における火災保険の必要性とは?必要な理由と自分で加入する際の注意点

賃貸物件における火災保険の必要性とは?必要な理由と自分で加入する際の注意点

≪ 前へ|大野城市のふるさと納税への取り組みは?返礼品や使い道をチェックしよう!   記事一覧   賃貸物件の暑さ対策!暑くなりやすい部屋の特徴や対策方法を解説|次へ ≫

賃貸物件における火災保険の必要性とは?必要な理由と自分で加入する際の注意点

賃貸物件における火災保険の必要性とは?必要な理由と自分で加入する際の注意点

賃貸物件を借りるときに求められることが多い、火災保険への加入。
なぜ火災保険が必要になるのか、その理由や自分で加入できるのかについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で火災保険が必要になる理由とは?

自己の身を守るため

日本の法律には、失火責任法があります。
他人が起こした火災で損害を受けても、出火元に重大な過失がない限りは原因者に損害賠償の請求ができません。
自分で火災保険に入っておけば保険金を受け取れる可能性が出てくるため、火災保険には入っておいたほうがいいとされています。

大家さんへの補償に備えるため

賃貸物件は、退出時に原状回復しなければなりません。
契約時の状態に戻して退出できない場合、大家さんに損害賠償を請求される可能性があります。
火災保険に加入しておけば保険金で損害分を回収することも可能なため、借主に火災保険の加入が求められます。

漏水などで周囲の家に与えた損害に備えるため

火事はもちろんですが、漏水などは賃貸物件で発生しがちな問題です。
階下など周囲のお部屋に被害が出た場合、被害を受けた住民から損害賠償を請求されるかもしれません。
そのようなときにも、火災保険が役立ちます。

賃貸物件でも入るべき火災保険!自分で加入する際の注意点とは?

自由に保険を選んでもよい

賃貸物件の契約時に火災保険への加入を求められても、不動産会社が指定した火災保険に加入する必要はありません。
自分で自由に保険会社を選んで加入することは可能です。
お得な保険に加入してもいいですし、知り合いを通じて加入しても問題ありません。
ただし、豊富な知識を持つ不動産会社から提示された火災保険に加入しておけば、「必要な補償に加入していなかった」などのミスを防げるでしょう。
そのため、まずは不動産会社に相談することをおすすめします。

自分で加入するときの注意点

・重複加入に注意
自分で火災保険に加入していると、借りる物件が変わるときに保険が重複してしまう可能性があります。
退去時ごとに保険を解約することで、残存分の保険料を取り戻し、重複加入も避けられます。

・3セットでの加入を確認
賃貸物件で火災保険に加入するときは、家財補償・借家人賠償責任保険・個人賠償責任保険の3セットで申し込むのが一般的です。
ところが忘れがちなのが、個人賠償責任保険への加入。
家財補償のオプションである「水ぬれ」に惑わされ、他人への損害賠償に備える個人賠償責任保険に加入し忘れてしまうことがあるのです。
自分で火災保険に入るときは、3セットでの加入を原則としておきましょう。

賃貸物件でも入るべき火災保険!自分で加入する際の注意点とは?

まとめ

賃貸物件の火災保険は、万が一の事態に備えて加入しておくのが安心です。
自分で選んだ火災保険の加入もできるため、賃貸物件の契約時にはよく検討しましょう。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|大野城市のふるさと納税への取り組みは?返礼品や使い道をチェックしよう!   記事一覧   賃貸物件の暑さ対策!暑くなりやすい部屋の特徴や対策方法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る