(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でアンペア数を変更することはできる?変更の手順や注意点とは?

賃貸物件でアンペア数を変更することはできる?変更の手順や注意点とは?

≪ 前へ|防音性が高い賃貸物件とは?構造や間取りのポイントをチェックしよう!   記事一覧   福岡市の文化を学ぶならここ!福岡市博物館の見どころをご紹介|次へ ≫

賃貸物件でアンペア数を変更することはできる?変更の手順や注意点とは?

賃貸物件でアンペア数を変更することはできる?変更の手順や注意点とは?

賃貸物件での暮らしをスタートさせると、アンペア数を変更したいと思うときがあるかもしれません。
そこで気になるのが、賃貸物件でもアンペア数を変更できるのかという点ですが、結論から言うと可能です。
しかし注意しなければいけない点もあるためあわせて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でアンペア数を変更するときの手順や注意点とは?

アンペア数変更の手順


●大家さんと管理会社へ連絡する
●電力会社へ連絡する


集合住宅で暮らしている場合、電気の最大容量に制限が設けられているケースがあります。
そのため勝手に変更するのではなく、まず大家さんや管理会社への連絡が必要です。
許可が下りたら電力会社にアンペア数変更の連絡をします。
もし、アンペア数変更に伴い工事が必要なら、再度大家さんや管理会社に連絡しておきましょう。

アンペア数変更の注意点


●電気の基本料金が大きく変わる可能性がある
●アンペア数の契約は1年単位
●退去時に原状回復が必要かもしれない


アンペア数を上げることで電気の基本料金が高くなるため、特にアンペア数を上げるときにはどのぐらい電気料金が変わるのか確認しておくと安心です。
また、アンペア数の変更は1年単位です。
季節ごとにアンペア数を変更するなどはできないため、変更するときにはよく考えておこなうのがポイント。
そして退去するときには原状回復として、アンペア数を元に戻すように要求されることがあるかもしれないと覚えておきましょう。

暮らしに必要なアンペア数は?賃貸物件に住んでいる人数ごとに紹介

家電製品の種類にもよりますが、エアコンや電子レンジ、掃除機、ドライヤーなどの家電製品はそれぞれ10Aが必要になります。
それでは、一人暮らしと二人暮らしの場合どれだけのアンペア数が最適か見ていきましょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしならアンペア数は低めでもいいと言われますが、最低でも20Aは必要です。
ドライヤーとエアコン、炊飯器など複数の家電製品を同時に使用するとブレーカーが落ちてしまうため、30Aあるとより安心です。

二人暮らしの場合

二人で暮らす場合にはそれぞれが家電製品を使用できるように、30Aは欲しいところです。
ただし、それぞれが同時に複数の家電を使用すればすぐにブレーカーが上がってしまうため、時間差で使用するなど工夫しましょう。
二人以上で暮らす場合には、余裕をもって40~50Aを契約するのがおすすめです。

暮らしに必要なアンペア数は?賃貸物件に住んでいる人数ごとに紹介

まとめ

賃貸物件でもアンペア数の変更は可能ですが、いくつか注意点があるためよく考えてから変更しましょう。
アンペア数が1年単位で変更となるため、一度契約を変更してしまうと元に戻すまでに期間が必要になります。
日々を快適に過ごすためにも、まずは自分がどれだけ電気を使用しているのか把握してみるのがおすすめです。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|防音性が高い賃貸物件とは?構造や間取りのポイントをチェックしよう!   記事一覧   福岡市の文化を学ぶならここ!福岡市博物館の見どころをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る