(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > 知っておくと安心!賃貸物件でのゴミ出しの注意点やマナーとは?

知っておくと安心!賃貸物件でのゴミ出しの注意点やマナーとは?

≪ 前へ|福岡市の文化を学ぶならここ!福岡市博物館の見どころをご紹介   記事一覧   生涯学習施設「福岡市総合図書館」の「こども図書館」と「電子図書館」に注目!|次へ ≫

知っておくと安心!賃貸物件でのゴミ出しの注意点やマナーとは?

知っておくと安心!賃貸物件でのゴミ出しの注意点やマナーとは?

賃貸物件にこれから入居するなら、ゴミ出しの注意点を知っておきましょう。
多くの人が暮らす場所だからこそ、ゴミ出しのトラブルは避けたいもの。
今回はゴミ置き場のタイプやゴミ出しのマナーまで解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件などのゴミ置き場のタイプ別の特徴とメリット・デメリット

路上型

賃貸物件のそばの道路にゴミ置き場が設置されているタイプです。
囲いや屋根などがないため、カラスや猫などにゴミを荒らされやすく、強風の日などは風でゴミが飛ばされる可能性もあります。
さらに、ゴミの回収時間に遅れると路上にゴミが置き去りになってしまうかもしれません。

開放型

ゴミ捨て場としてブロック塀で囲われているタイプです。
屋根はないですが、塀があるため強風で飛ばされるケースは少なくなります。
しかし、カラスや猫に荒らされる可能性はゼロではありません。

密閉型

大型のゴミ箱のようなシルエットをした密閉できるタイプです。
ごみを完全に内部に入れられるため、風やカラスなど動物の影響を受けることがなく安心です。
においを防げるメリットもありますが、密閉型は内部の清掃が欠かせません。

賃貸物件などでゴミ出しをする際に気を付けたいマナーとは?

ゴミの分別マナーを守る

ゴミには地方自治体によって燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ごみなどいくつかの種類に分かれています。
ゴミの分別を無視してゴミ出しをおこなうと、回収されずに残されてしまうかもしれません。
ゴミ出しをおこなう前に、事前にゴミ収集のルールを確認しておくことが大切です。
万が一、自分が出したゴミの種類が違うと残されていた場合には、すぐに回収して再度分別して出しましょう。

ゴミ出しの日時に従う

ゴミ出しの日時は、自治体によって決められています。
曜日ごとに捨てられるごみの種類が決められているため、何曜日に捨てていいか確認しましょう。
ゴミ出しの日時を無視してゴミを出してしまうと、においの発生やカラスに荒らされやすくなるなどトラブルにつながるかもしれません。

生ゴミはしっかり水を切る

水分を含んだ生ゴミは腐敗が進行しやすく、嫌なにおいの原因にもなります。
そのため、生ゴミを捨てるときにはしっかり水を切ることがマナー。
新聞紙で包んで水分を吸い取ったり、天日干しして乾かしたりなど対処することで、においや虫の発生も防げます。

個人情報がわかるものに注意する

実はゴミには個人情報が詰まっています。
住所や名前、どんな人が住んでいるのかなどの個人情報が抜き取られる可能性があります。
個人情報がわかる部分は塗りつぶしたり、シュレッダーにかけたりなど対策をしておくと安心です。

賃貸物件などでゴミ出しをする際に気を付けたいマナーとは?

まとめ

賃貸物件に暮らすときには、ゴミ出しのマナーを守ることが大切です。
ゴミの分別や収集日時などは自治体によって異なるため、引っ越したらまず住み始める地域のゴミ出しのルールを確認しましょう。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|福岡市の文化を学ぶならここ!福岡市博物館の見どころをご紹介   記事一覧   生涯学習施設「福岡市総合図書館」の「こども図書館」と「電子図書館」に注目!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る