(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > 狭い賃貸物件でもソファを置いたほうがよい?メリットや工夫について解説

狭い賃貸物件でもソファを置いたほうがよい?メリットや工夫について解説

≪ 前へ|賃貸物件を契約するときに説明される「重要事項説明書」について解説!   記事一覧   福岡市にあるアートを楽しめる施設「福岡市美術館」をご紹介!|次へ ≫

狭い賃貸物件でもソファを置いたほうがよい?メリットや工夫について解説

狭い賃貸物件でもソファを置いたほうがよい?メリットや工夫について解説

できるだけ広い部屋に住みたいと考える人は多いでしょう。
しかし、広い部屋は家賃が高いことがほとんどです。
また、たとえ狭い部屋でも工夫次第でさまざまな家具を置くこともできます。
この記事では、狭い賃貸物件でソファを置くメリットや工夫について解説します。
ソファを購入しようかと検討している人はぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭い賃貸物件にソファを置くメリット

まずは、ソファのメリットについて考えてみます。

●ゆったりとくつろげる
●ベッドを睡眠だけのために使える
●ソファが生活スペースを区切ったり生活導線をつくったりしてくれる


ソファに座ってテレビを見たりコーヒーを飲んだりしてゆったりした癒しの時間を過ごせます。
ベッドに腰をかけてテレビを見る人もいるかもしれませんが、それでは就寝との切り替えがしにくいでしょう。
ソファがあれば、ベッドは寝るためのものと、使い分けが可能です。
また、ワンルームマンションではソファが生活スペースを区切ったり生活導線をつくったりする役目を果たします。
ソファがあるとくつろぎ空間と食事空間に分けられるのです。

狭い賃貸物件にソファを置くための工夫

たとえ狭い部屋であっても工夫次第で快適空間をつくれます。
ソファ選びで気をつけたいポイントは以下のとおりです。

●コンパクトなサイズ
●全体的に線が細くてすっきりしたデザイン
●ソファダイニング


幅や奥行き、高さを意識して大きすぎないタイプを選んでください。
たとえば、背もたれの高さが低いローソファは立ったときに視界を遮らず、部屋の中央部にローソファを置いたとしても圧迫感を与えません。
また、アームの有無も印象を大きく変えます。
アームがついていないと見た目がすっきりして、狭い部屋に置いても窮屈さがありません。
ほかには、ソファが食卓と一体化しているソファダイニングもおすすめです。
部屋を広く使えるだけでなく、生活導線をしっかりとれるため快適に過ごせるでしょう。
また、もし一緒に住む人が今後増える可能性があるなら1人掛けサイズのソファパーツを利用してみてください。
必要であればあとから1人掛けサイズのソファパーツをさらに1、2個増やせばよいだけですので、部屋に統一感が生まれます。
引っ越しすることになって部屋の間取りが変わっても柔軟に調整できるところも魅力です。
人数や間取りに対応できるので、長く愛用できます。
ソファはそう何度も買い替えるものではないので、長く使えるかどうかは大切なポイントです。

狭い賃貸物件にソファを置くための工夫

まとめ

ソファを置くメリットや工夫について解説しました。
なかにはソファがないとくつろげない人もいるでしょう。
たしかにスペースをとる家具ですが、工夫次第で狭い部屋でも圧迫感を減らせます。
アームのないソファやローソファを選んでみてはいかがでしょうか。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件を契約するときに説明される「重要事項説明書」について解説!   記事一覧   福岡市にあるアートを楽しめる施設「福岡市美術館」をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る