(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸の敷金礼金なし物件はどんなメリットデメリットがある?契約での注意点

賃貸の敷金礼金なし物件はどんなメリットデメリットがある?契約での注意点

≪ 前へ|賃貸契約の初期費用内訳を紹介!福岡市・春日市・大野城市で暮らしたい方必見   記事一覧   賃貸物件の契約には連帯保証人が必要!連帯保証人がいない場合はどうしたらいい?|次へ ≫

賃貸の敷金礼金なし物件はどんなメリットデメリットがある?契約での注意点

賃貸の敷金礼金なし物件はどんなメリットデメリットがある?契約での注意点

不動産の賃貸契約をするときにかかる、敷金・礼金。
敷金・礼金が安ければ、初期費用を抑えることができるのがメリットです。
しかし、一方ではデメリットが出てくることもあります。
賃貸の敷金礼金なし物件にはどんなメリットデメリットがあるか、契約での注意点も合わせて紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

敷金礼金なしの賃貸物件のメリットデメリット

賃貸契約で敷金礼金なしのメリットとは?

敷金礼金なしの賃貸物件は、何といっても初期費用が少なくなるのがメリットです。
数十万円はかかるのが一般的な賃貸契約にかかる初期費用を数分の1におさえることができれば、新しい住まいへの引越しを実現させやすくなります。
初期費用を安くできた分、住み替えした後にかかる費用に余裕ができるのもメリットです。
インテリアを充実させたり、先々の家賃の支払いに余裕を持てるのも、敷金礼金なし物件ならではです。

敷金礼金なしのデメリット

一方、賃貸契約での敷金礼金なしがデメリットにつながっていることもあります。
たとえば、敷金礼金なしである分、月々の家賃が高い物件は珍しくありません。
初期費用を大幅に抑えることができたにもかかわらず家賃の支払いを滞納した場合、厳しい目で見られることもあります。
敷金を払っていない分、退去時には別途クリーニング費用を請求されるケースも多いです。
敷金礼金なしにしなければならないほど早急に契約者を見つけたいということは、人気がなくなかなか契約したい人が見つからない可能性もあります。

敷金礼金なしの賃貸物件を契約する際の注意点

敷金礼金なしの賃貸契約は不利?

初期費用をおさえることができる反面、デメリットもあるとなると、敷金礼金なしの賃貸物件を契約するのは不利なのではないかと迷うところです。
とはいえ、予算に見合った賃貸物件が見つからなければ、いつまでたっても引越しは実現しません。
初期費用が安く済む敷金礼金なし物件は、やはり大きなメリットのある物件といえます。

契約条件を事前にしっかりチェック!

敷金礼金なし物件を賃貸契約するなら、契約条件に制約がないかどうかしっかりチェックすることが大切です。
退去時にいくら費用がかかるのか、入居期間に制限がないか、違約金を求められるような条件がないか事前によく確認しておきましょう。
納得がいった状態で契約をした後は、家賃の支払いが滞らないようにすること、契約内容をしっかり守ることが重要です。

敷金礼金なしの賃貸物件を契約する際の注意点

まとめ

福岡市・春日市・大野城市は人気のエリアですが、よく探すと敷金礼金なし物件もあります。
気になる物件を見つけたら、契約条件をよく検討したうえで契約を検討してみてください。
不安要素は少しでも減らして賃貸契約をするのが、気持ちよく暮らし始めるコツです。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸契約の初期費用内訳を紹介!福岡市・春日市・大野城市で暮らしたい方必見   記事一覧   賃貸物件の契約には連帯保証人が必要!連帯保証人がいない場合はどうしたらいい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る