(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸契約の初期費用内訳を紹介!福岡市・春日市・大野城市で暮らしたい方必見

賃貸契約の初期費用内訳を紹介!福岡市・春日市・大野城市で暮らしたい方必見

≪ 前へ|大野城市の住みやすさと魅力を紹介!交通アクセスの良さと自然が自慢   記事一覧   賃貸の敷金礼金なし物件はどんなメリットデメリットがある?契約での注意点|次へ ≫

賃貸契約の初期費用内訳を紹介!福岡市・春日市・大野城市で暮らしたい方必見

賃貸契約の初期費用内訳を紹介!福岡市・春日市・大野城市で暮らしたい方必見

新しい住まいを見つけるとき、必要になるのが賃貸契約時の初期費用です。
希望に合ったお部屋を予算内で借りられるかどうかは、初期費用がいくらになるかにかかっています。
そこで本記事では、福岡市・春日市・大野城市に居住を検討している方に向けた賃貸契約の初期費用の内訳を紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の敷金・礼金はいくら?初期費用にかかる内訳

基本の初期費用は家賃5ヶ月分

新しく賃貸のお部屋を契約するためには、家賃5ヶ月分が初期費用の目安といわれています。
たとえば家賃5万円の部屋を借りるとすると、初期費用には25万円かかると見ておくとよいわけです。
ただし、初期費用が家賃5ヶ月分というのは、あくまでも基本的な目安。
もっと費用を安くおさえるコツもあるため、初期費用が高すぎて賃貸契約できないと思った方も安心してください。

敷金・礼金など初期費用の内訳

賃貸契約にかかる初期費用には、敷金や礼金、前家賃などさまざまな費用が含まれています。
費用の内訳は、物件や不動産会社によっても違ってきます。
敷金は、退去するときにお部屋を原状回復するためのクリーニング代として使われる費用です。
敷金よりクリーニング代が安ければ、差し引かれたお金が戻ってきます。
礼金は、物件オーナーへのお礼で基本的に返金されません。
前家賃は、翌月分の家賃を先に支払う費用のこと。
他に、入居してから当月分の日割り家賃を支払うこともあります。
火災保険費用は加入が必須で、2万円程度が相場です。
物件を仲介した手数料として、不動産屋に支払う仲介手数料も初期費用としてかかります。
これらの費用がフルにかかるとすると、敷金・礼金が家賃各1~2ヶ月分、前家賃1ヶ月分、仲介手数料1ヶ月分くらいを見ておくのが一般的です。

福岡市・春日市・大野城市の賃貸物件の初期費用内訳の相場と費用を抑えるコツ

福岡市・春日市・大野城市の敷金相場

福岡市・春日市・大野城市は、生活するのに人気のあるエリアです。
人気がある地域は、賃貸契約にかかる費用が高めで初期費用がフルにかかる物件も多いです。
ただし、不動産には流動性があり、敷金・礼金が安くなることもあります。
基本的な相場としては、1~2ヶ月分の敷金がかかると予測しておくと安心です。

初期費用を抑えるコツ

1~2ヶ月分の敷金が相場とはいえ、中には敷金・礼金不要というゼロ・ゼロ物件もあります。
普段は敷金がかかる物件でも、キャンペーンで敷金ゼロ円となることもあります。
こうした物件を見つけるためには、不動産情報をこまめにチェックしておくことが大切です。
初期費用を抑えるコツとしては、家賃が安い物件を探すだけでなく敷金・礼金をいかに少なくするかもポイント。
仲介手数料がかからない、あるいは家賃の半額分にしているといったサービスをしている不動産屋もおすすめです。
フリーレント物件なら、前家賃1ヶ月分などを節約することもできます。

福岡市・春日市・大野城市の賃貸物件の初期費用内訳の相場と費用を抑えるコツ

おすすめ物件情報|福岡市の物件一覧

まとめ

人気のエリア、福岡市・春日市・大野城市に居住を検討しているなら、目的に合った物件を予算に合った費用で借りたいところ。
そのためには、家賃をおさえて物件の条件を妥協するより初期費用をおさえることを考えてみるのがおすすめです。
希望の条件で良い物件を探すために、物件情報はとことんチェックしましょう!
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|大野城市の住みやすさと魅力を紹介!交通アクセスの良さと自然が自慢   記事一覧   賃貸の敷金礼金なし物件はどんなメリットデメリットがある?契約での注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る