(株)DR・エステート > ドッとあーる井尻店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の入居審査の基準とは?どんな書類が必要?

賃貸物件の入居審査の基準とは?どんな書類が必要?

≪ 前へ|賃貸住宅で引っ越しの挨拶はどこまで?おすすめの粗品や挨拶をしない選択もご紹介   記事一覧   賃貸物件の収納が少ない悩みを解決!キッチンや寝室の収納アイデアをご紹介|次へ ≫

賃貸物件の入居審査の基準とは?どんな書類が必要?

賃貸物件の入居審査の基準とは?どんな書類が必要?

希望の物件が見つかって申し込みを済ませると、もう賃貸契約を結んだように感じますが、そうではありません。
賃貸契約を結ぶ際に、入居前審査が行われるのはご存じでしょうか?
今回は賃貸物件の契約前に行われる「入居前審査」に注目し、その内容や基準、審査に必要な書類についてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の入居前審査とは?審査基準は何?

入居前審査とは

入居前審査とは、賃貸物件を契約する前に大家さんや不動産会社が申込者に対して、物件を貸しても大丈夫な人かどうかを判断するために行う審査の事をいいます。
入居前審査には「家賃保証会社が行う審査」と「大家又は賃貸管理会社が行う審査」の二つがあります。

入居前審査の審査基準とは?

入居前審査では、次のような内容を基準として審査します。

家賃保証会社が行う審査の場合
保証会社が付く賃貸物件では、家賃保証会社が入居審査を行います。
そのため、入居申込書の内容はもちろん、安定した収入があるのか否かを基準に家賃の支払い能力の有無に関して厳正に審査が行われます。
また、保証会社によって審査基準や審査通過の難易度が多少異なります。

大家又は賃貸管理会社が行う審査
賃貸管理会社が入居申込書に記載されている住所、氏名、勤務先、収入、連帯保証人等の内容に基づいて審査し、大家さんがそれを確認・承諾するというような流れで行われます。
記載内容に偽りがない事や家賃の支払い能力の有無を基準に審査します。
勤務先や連帯保証人へ連絡して確認をとる場合もあります。
どちらの場合も、家賃滞納の可能性やトラブルの元になりそうな要因が無いかという点は重視されるので、収入源や職業、入居形態などは厳しくチェックされます。

入居前審査に必要な書類とは?

入居前審査にはいくつかの書類等が必要となります。

●身分証明書(免許書・保険証・パスポートなど)
●住民票(同居人全員分)
●印鑑登録証明書
●収入証明書(源泉徴収票など)
●車検証(駐車場を借りる場合)
●印鑑(実印、銀行届出印など)
●預貯金通帳のコピー(預貯金審査が必要な場合)


また、連帯保証人が必要な場合は次の書類等も必要となります。

●連帯保証人の身分証明書(免許証、保険証、パスポートなど)
●連帯保証人の収入証明書
●連帯保証人の住民票
●連帯保証人の印鑑登
●連帯保証人の印鑑(実印)


いずれにせよ、事前に準備しておくとスムーズに運びます。

入居前審査に必要な書類とは?

まとめ

賃貸物件の入居前審査について、審査基準や必要書類をご紹介しました。
どの物件を借りる場合にも入居前審査は必ずあります。
貸す側、借りる側の双方が気持ちよく安心して契約を結べるよう、審査時の書類や記載事項など、正確な情報を提供するようにしましょう。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸住宅で引っ越しの挨拶はどこまで?おすすめの粗品や挨拶をしない選択もご紹介   記事一覧   賃貸物件の収納が少ない悩みを解決!キッチンや寝室の収納アイデアをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る