(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > ロフトとメゾネットの違いは何?それぞれのメリット・デメリットを解説!

ロフトとメゾネットの違いは何?それぞれのメリット・デメリットを解説!

≪ 前へ|賃貸物件を契約する際に必要な初期費用とは?抑える方法も!   記事一覧   一人暮らしで部屋の広さを決めるときのポイントとは?|次へ ≫

ロフトとメゾネットの違いは何?それぞれのメリット・デメリットを解説!

ロフトとメゾネットの違いは何?それぞれのメリット・デメリットを解説!

賃貸物件を探していると、「ロフト」や「メゾネット」と書かれた物件を目にすることはありませんか?
これらはいったいどんなお部屋なのか、また何が違うのかよく分からないという方も多いかもしれませんね。
そこで今回は、ロフト付きやメゾネットタイプの物件とはどのようなものなのか、また違いやそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ロフトとメゾネットの違いとは?それぞれのメリットは?

「ロフト」とは、部屋のなかに中二階風の空間を設けたスペースです。
不動産用語では「屋根裏部屋」を指しますが、ロフト付きの賃貸物件では寝室や収納スペースとして活用でき、備えつけのはしごを使って出入りします。
一方「メゾネット」とは、部屋のなかを2つ以上の階層に分け、階段で行き来できる間取りのことです。
大きな違いは、その造りと広さです。
ロフトは部屋のなかの中二階にあるスペースで、メゾネットは2つのフロアが独立してつくられています。
天井との間に空間をつくったロフトに比べて、メゾネットは居室として使える広さがあるので、それぞれの使い方にも違いがでてくるでしょう。
ではそれぞれのメリットをお伝えしますね。

ロフト付き物件のメリット


●開放感がある
●居室を広く使える
●収納や趣味の空間として使える


天井が高いため、開放感があり部屋が広く見えます。
またロフト部分をベッドスペースにすれば、1部屋だけの物件でも居室と寝室を分けて使えますし、収納スペースや趣味の空間としても活用できますよ。

メゾネットタイプのメリット


●2部屋あるような使い方ができる
●一戸建てのような雰囲気を味わえる
●見た目がオシャレ


独立したフロアとして使えるので、寝室と居室に分けたり、プライベート空間として使ったりと、さまざまな用途に活用できます。
また部屋のなかに階段があり、ワンフロアなのに一戸建てのような雰囲気がありオシャレですよ!

ロフトとメゾネットの違いとは?デメリットも知って選ぼう!

続いてそれぞれのデメリットもお伝えしますね。

ロフト付き物件のデメリット


●はしごの昇り降りが面倒
●エアコンの効きが悪い
●頭を天井にぶつけることがある


どちらにも共通していえるのですが、ワンフロアの部屋に比べてエアコンの効きが悪い傾向があります。
またロフト部分をベッドスペースにした場合、はしごを使うのが面倒だという意見もよく聞きますよ。

メゾネットタイプのデメリット


●エアコンの効きが悪い
●掃除が面倒
●物件の数が少ない


フロアが2つある分、掃除の範囲も増えます。
またメゾネットタイプの物件は数が少ないので、希望の物件を見つけるのには時間がかかるかもしれませんね。

ロフトとメゾネットの違いとは?デメリットも知って選ぼう!

まとめ

今回は、ロフトとメゾネットの違いと、生活するにあたってのメリット・デメリットをご紹介しました。
見た目や広さだけを重視するのではなく、生活をイメージしながら、快適に暮らせるお部屋を見つけてくださいね。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件を契約する際に必要な初期費用とは?抑える方法も!   記事一覧   一人暮らしで部屋の広さを決めるときのポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る