(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > 冬の電気代はいくらが平均なの?高い理由と節約法をご紹介!

冬の電気代はいくらが平均なの?高い理由と節約法をご紹介!

≪ 前へ|賃貸物件のロフトを有効活用するには?快適な住まいで暮らしたい!   記事一覧   賃貸物件を契約する際に必要な初期費用とは?抑える方法も!|次へ ≫

冬の電気代はいくらが平均なの?高い理由と節約法をご紹介!

冬の電気代はいくらが平均なの?高い理由と節約法をご紹介!

光熱費のなかでも電気代は家計に響く大きな出費ですよね。
クーラーを1日中つけている夏に比べて、冬の電気代はなぜ高いのだろうと思いませんか?
そこで今回は、冬の電気代が高い理由と節約法についてご紹介します!

弊社へのお問い合わせはこちら

冬の電気代が高い理由が知りたい!まずは平均金額を解説!

まず一般的な家庭での冬の電気代がどれくらいなのか、平均をお伝えしますね。

ファミリーの場合

年間の平均は約11000円。
冬の1月から3月の平均は、約14000円から15000円で、年間と比べるとこの期間は3000円ほど高い電気代を支払っていることになります。
「夏はクーラーを使うから電気代がかかる」と思っている人が多いですが、7月から9月の電気代は、実は年間の平均よりも安く、約10000円ですよ。
夏と比べると冬の電気代は5000円ほど高いわけですから驚きですよね。

一人暮らしの場合

年間の平均は約4500円。
冬の1月から3月の平均は、約5500円で、年間と比べるとこの期間は1000円ほど高い電気代を支払っていることになります。
7月から9月の夏場は3500円ほどですから、一人暮らしの場合、冬は夏よりも2000円ほど電気代が高いようですね。

冬の電気代が高い理由を知って改善すれば節約も可能!

ではどうすれば電気代を節約できるのでしょうか。
まずは冬に高くなる理由を知って、改善策を考えましょう。

冬の電気代が高くなる理由


●エアコンの消費電力の違い
●照明をつける時間が早い
●乾燥機を使う
●そもそも使用量が増える


夏場のクーラーは気温35度を26度まで冷やせばよいのですが、冬場は気温0度の時期に室内を20度まで温めるので、同じエアコンを使っても冬の消費電力は夏よりも多くなります。
また暗くなるのが早く照明を夏よりも早い時間につけますし、冬は衣類がかさばるので乾燥機を使います。
さらにヒーターやホットカーペットなどの暖房器具を日常的に使うことも、冬の電気代が高くなる理由です。

節約する方法は?


●エアコンの設定温度を1度さげる
●エアコンは自動運転モードにする
●窓に断熱シートを貼る
●LED電球に交換する
●暖かい服装で過ごす
●冷蔵庫の設定温度をあげる


室内の暖かい空気が逃げないように、断熱シートとカーテンで対策し、消費電力量が少ない電球に交換しましょう。
室内では暖かいカーディガンや靴下などで体を保温し、エアコンの温度を低めに設定してください。
設定温度を1度さげるだけで、年間1200円ほどの節約になります。
また冷蔵庫の設定温度も1段階あげることで、年間1400円ほど節約できますよ!

冬の電気代が高い理由を知って改善すれば節約も可能!

まとめ

今回は、冬の電気代の平均と高い理由、さらにおすすめの節約法をご紹介しました。
冬は暖房器具を使うのでどうしても夏より電気代が高くなりますが、今回ご紹介した節約法を参考にして、少しでも出費を抑えるためにぜひ実践してみてくださいね。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件のロフトを有効活用するには?快適な住まいで暮らしたい!   記事一覧   賃貸物件を契約する際に必要な初期費用とは?抑える方法も!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る