(株)DR・エステート > ドッとあーる井尻店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の洗濯機置き場は室内?室外?それぞれのメリットは

賃貸物件の洗濯機置き場は室内?室外?それぞれのメリットは

≪ 前へ|賃貸でブラインドを設置する際の方法と注意点   記事一覧   賃貸で温水洗浄便座を使いたい!設置方法を解説|次へ ≫

賃貸物件の洗濯機置き場は室内?室外?それぞれのメリットは

賃貸物件の洗濯機置き場は室内?室外?それぞれのメリットは

賃貸物件で生活していると、気になってくるのが洗濯機置き場の位置ではないでしょうか。
ベランダにあって使いにくいという声や、玄関横にあることで出入りの邪魔になることも。
洗濯は日々の生活に欠かせないだけに、後々住みやすさに影響してきます。
洗濯機置き場は室内・室外でどう変わってくるのか、メリットデメリットや確認すべきポイントについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の洗濯機置き場におけるメリットデメリット

まず室内の洗濯機置き場のメリットとして、室外と比較して防音がしっかりしているため、音が漏れにくくなっています。
ただし防音の状態次第では下の階や隣の部屋に音や振動が伝わる場合もあるので、深夜の使用などには注意しましょう。
また、洗濯機はある程度の汚れやホコリに耐えられますが、室内にあったほうが雨や排気を避けられるので、洗濯機の寿命が長くなります。
デメリットは洗濯機の分だけ部屋が手狭になってしまうこと。
最近は洗濯機上に設置できる棚など、便利なアイテムも増えていますので、うまく取り入れていきましょう。
さらに下の階の住人とトラブルの原因となり得るのが水漏れです。
このような事態を防ぐため、初期設置はしっかりと。
室外の洗濯機置き場にもメリットはあります。
室内とは対照的に水漏れのリスクが低く、起こっても被害は少なめです。
部屋は広めに使えますし、ベランダだと洗濯機→物干しの導線がその場で完結するので洗濯がスムーズになり、洗濯物が室内を通過しないことで床掃除の手間も減ります。
洗濯機の音が自室に響かないので、洗濯中も静かに過ごせるのも嬉しいポイント。
また、室外に洗濯機置き場のある物件は、築年数の関係から安めの価格帯となっている可能性もあります。
デメリットとしては、風雨や砂ぼこりにさらされることで故障の原因となることです。
さらに夏は暑い中、冬は寒い中で洗濯しなければならないので、億劫になりがち。
下層階の場合は衣類の盗難にも注意したいところです。

賃貸物件の洗濯機置き場で確認すべきポイント

排水口の付いているプラスチックの板「防水パン」をチェックしましょう。
内寸・外寸・縁の高さ次第では、せっかく購入した洗濯機が置けない可能性もあり、設置可能だとしてもかさ上げや部品による調整の手間が生じます。
総じて防犯や故障のリスクを防ぎたい人は室内、価格を安く抑えて洗濯の手間を減らしたい人は室外の洗濯機置き場を選ぶと良いでしょう。

賃貸物件の洗濯機置き場で確認すべきポイント

おすすめ|洗濯機置場付きの物件一覧

まとめ

洗濯機置き場は室内・室外どちらも一長一短。
毎日やらなければならないことだけに、できるだけ快適にしていきたいものです。
物件選びで洗濯機置き場に迷ったら、そこに住んだときの生活動線をイメージしながら自分に合っているタイプを選択するようにしましょう。
温水洗浄便座に限らず、賃貸で新たに設置したいものがあるときは大家さんへの確認が必須です。
逆に言えば、聞くこと自体は何の問題もないので、使いたいと考えている人は一度聞いてみるといいでしょう。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸でブラインドを設置する際の方法と注意点   記事一覧   賃貸で温水洗浄便座を使いたい!設置方法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る