(株)DR・エステート > 株式会社DR・エステート のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の床を簡単にアレンジ!カーペットのメリットや注意点とは?

賃貸物件の床を簡単にアレンジ!カーペットのメリットや注意点とは?

≪ 前へ|賃貸物件のクーラーはどのタイミングで掃除をする?業者に依頼する費用や注意点   記事一覧   春日市で陶芸を習える!注目したいユニークな教室「やわら木」をご紹介|次へ ≫

賃貸物件の床を簡単にアレンジ!カーペットのメリットや注意点とは?

賃貸物件の床を簡単にアレンジ!カーペットのメリットや注意点とは?

木のぬくもりがありながら、スタイリッシュな印象も与えてくれるフローリング。
そのまま利用するのもおすすめですが、カーペットを敷いて利用したいという方もいるでしょう。
フローリングや畳にカーペットを敷くと、どのような効果が期待できるのでしょうか?
フローリングにカーペットを敷くメリットと、注意点を紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の床にカーペットを敷くメリットとは?

賃貸物件のフローリングにカーペットを敷くメリットは、デザイン面と防音面です。
賃貸物件ではリフォームをすることは難しいですが、カーペットを敷くだけで簡単に部屋のイメージを変えることができます。
たとえば、畳にカーペットを敷けば、和モダンな洋室に変えることもできます。
賃貸物件では、生活音が階下の住人に聞こえていないか気になるもの。
カーペットには防音性があり、生活音や足音を軽減してくれるので、賃貸物件でフローリングにカーペットを敷くのはおすすめです。
賃貸物件に限らず、フローリングにカーペットを敷くメリットというとクッション性とホコリに関することになります。
子どもがいる家庭では、子どもが走り回って転んでしまうこともあるでしょう。
カーペットが敷いてあれば、カーペットがクッションとなり、多少は安全です。
また、子どもが走り回ったときに舞い上がるホコリも、カーペットが軽減してくれます。
さらに、カーペットは毛足が長く足触りがいいので、寒い時期にヒヤッとするようなこともありません。

注意点もある!賃貸物件の床にカーペットを敷くデメリットとは

フローリングや畳にカーペットを敷くデメリットは、掃除が大変なところです。
毛足が長いカーペットは、フローリングなどのようにさっと拭き掃除をするくらいで簡単に綺麗になるものではありません。
毛足の奥にゴミがたまりやすいので、こまめに掃除機で掃除をする必要があります。
掃除をさぼると、ダニやノミが繁殖する恐れがあるため注意が必要です。
カーペットはダニが発生しやすいため、カーペットを敷いた部屋は換気をする必要もあります。
高温多湿になるとダニは発生しやすくなるので、春から夏にかけて湿気が多くなる時期は、カーペットを清潔に保ちましょう。
フローリングの床であれば液体をこぼしてもふき取るだけで済むことがほとんどですが、カーペットの場合はこぼした液体でシミになることもあります。
コーヒーや墨汁など、汚れが落ちにくいものを扱うときは注意が必要です。
また、家具を置くときにも、注意が必要です。
カーペットは家具の跡が残りやすいため、模様替えをしたときに家具の跡が気になることもあるでしょう。

注意点もある!賃貸物件の床にカーペットを敷くデメリットとは

まとめ

賃貸物件はフローリングの部屋が多いので、カーペットを敷いて気分を変えるのはおすすめです。
部屋一面に敷くカーペットもあれば、テーブルの周辺だけに敷くラグマットもあります。
カーペットのメリットと注意点を理解して、暮らしやすいお部屋作りをしましょう。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件のクーラーはどのタイミングで掃除をする?業者に依頼する費用や注意点   記事一覧   春日市で陶芸を習える!注目したいユニークな教室「やわら木」をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る