(株)DR・エステート > ドッとあーる井尻店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸で築年数が経過している物件の防音方法!防音対応の物件探しのコツもご紹介

賃貸で築年数が経過している物件の防音方法!防音対応の物件探しのコツもご紹介

≪ 前へ|福岡県の春日駅でおすすめのカフェ。カフェ ニシガハチやカフェ ステージを紹介!   記事一覧   賃貸でブラインドを設置する際の方法と注意点|次へ ≫

賃貸で築年数が経過している物件の防音方法!防音対応の物件探しのコツもご紹介

賃貸で築年数が経過している物件の防音方法!防音対応の物件探しのコツもご紹介

築年数が経過している物件でも、近頃はリフォームやリノベーションを行い、新築同様の見た目、また設備の整った物件があります。
ただ見た目や設備を変えても「防音」については意識していない物件も多いです。
今回は、賃貸で築年酢が経過していても防音対策となる方法や、防音対応されている物件探しのコツなど紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

築年数が経過していても大丈夫!手軽にできる防音対策の方法とは

築年数が経過していても気軽にできる防音対策方法があります。
自分で「防音壁」を作れば、隣の音がうるさいと感じたり、自分が出す音が迷惑かな?と不安になることも少なくなります。

ワンタッチ防音壁を利用しよう
現代はDIYで様々なことができるようになっていますが、このワンタッチ防音壁はDIY初心者の方にもおすすめです。
注文するとき、部屋のサイズを測って伝えれば、部屋のサイズにピッタリの防音壁が届くので、それを設置するだけです。

フェルトボードでおしゃれに防音
繊維を絡ませた生地「フェルト」を使った防音対策グッズが、フェルトボードです。
カラーも種類も豊富で、壁を自分好みのカラーにできます。
フェルトボードは断熱性があり、暑い季節でも寒い季節など節電効果も期待できる商品です。

廃ペットボトルを利用したエコな防音グッズ「ホワイトキューオン」
廃材のペットボトルから作られたホワイトキューオンも人気です。
接着剤を利用していないことで、シックハウスが心配な方にも安心でしょう。
厚さを7㎜、10㎜、50㎜から選択できるため、楽器の練習をしたい方などにも利用されています。

賃貸で築年数が経過している物件でも防音対策の物件探しは可能

築年数が経過している賃貸物件でも、防音対策が強固な物件探しは可能です。
隣近所の音を気にしながら生活したくない、自分の家から出る音で迷惑をかけたくないとお考えの方に、防音対策を施した物件探しのコツを紹介しましょう。

防音性が高い物件探し方法は建物の構造にある?
建物が作られている材質は賃貸物件ごとに違います。
防音性が高い物件は建物なのかというと、まず一番強いのがRC造(鉄筋コンクリート造)です。
次はSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)、その次が軽量鉄骨や重量鉄骨などの鉄骨、そして、最も防音性が低いのが一般的な木造住宅といわれます。
但し、防音性の高さは建物の構造以外、どのような施工によって作られたか?によって変わります。
木造でも壁の間に断熱材や消音材などを施せば、コスト重視で作った鉄骨造よりも防音性が高いといえるため、一概には言えないのです。

賃貸で築年数が経過していても防音性の高い物件探しのコツがある
賃貸で築年数がかなり経過していても、防音性の高い物件探しは可能です。
どのようなことにポイントを置いて探せばいいのか理解すれば、納得のいく防音対策が施された物件探しができるでしょう。

●最上階の角部屋 上からの音がない 物件によっては隣の部屋が少ない
●1階を選ぶ 家族が出す音が気になるなら1階を選択
●二重サッシや防音性の高い窓がチェック
●楽器を演奏するなら「楽器可」の物件を選ぶ

賃貸で築年数が経過している物件でも防音対策の物件探しは可能

要チェック|リノベーション特集

まとめ

賃貸物件で築年数が経過している物件であっても、防音性の高い物件探しは可能です。
まず自分が出す音がどの程度なのか、また隣から聞こえる音がどの程度だと気になるのか、よく考えてみましょう。
賃貸でも退室する際に元に戻せば、室内のリフォームもOKというところが多くなっていますので、そういった物件を狙い、自分で防音リフォームやDIYを行うのもおすすめです。
井尻駅、南福岡駅を中心とした福岡全域の賃貸情報のことならDRエステートへ!
豊富な賃貸物件情報をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|福岡県の春日駅でおすすめのカフェ。カフェ ニシガハチやカフェ ステージを紹介!   記事一覧   賃貸でブラインドを設置する際の方法と注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る